ニュース

『Collar×Malice』榎本峰雄ルート感想

さかた

『Collar×Malice(カラーマリス)』(以下、カラマリ)の榎本峰雄ルート感想になります。

契ルート感想と同様、スチルバレなどはありませんが、峰雄ルートのネタバレは含みます。
峰雄ルートが終わっていない方やネタバレをされたくない方はそっとブラウザを閉じて下さい。
序盤(共通ルート)プレイレポはこちら ※序盤ネタバレ有

あ、峰雄も
・個別ルートのチャプターは6まで
・選択肢によってはミスすると一発退場(バッドエンド)がある

となっていました。チャプター数と一発退場についてはどのキャラも大体この設定みたいですね。
(柳さんだけもしかしたら多くなってるかもしれませんが)
因みに、悲恋エンド回収に関しては、普通にハッピーエンドクリア後にチャプター選択からやるのが、回収方法としてはラクなのではないかなと思います。
チャプター6から好感度下げてスタートすればきっといけるはず。
カラマリのいいところは、各キャラチャプター選択が可能で、好感度の上げ下げも可能という点ですね。
これが相当便利でセーブを色々書いて、どこから分岐だ~?と探さなくても大丈夫(だと思う)になったのはとても有り難いです。
このチャプター機能はクリア後じゃないと使えない+クリアしたキャラのみロック解除になってます。

前置きが長くなってしまいましたが、以下から峰雄ルートネタバレ込みの感想です。

 

『Collar×Malice』榎本峰雄ルート感想

カラマリ峰雄
契ルート後、再度最初からちゃんとやり直したらよく見たら選択肢とってもわかりやすくて、初回でも狙ってキャラ選べましたね…
きっとあの時特に考えずにぽちぽちしていたんだと思います…

さてさて、バッドエンドなんだろうなと思いながら、共通ルートの時点で誰のルートにも入らないように選択していったら見事にバッドエンドでした。(笑)
そんなお遊びを挟みつつ、今度こそ峰雄を攻略すべくプレイしましたよ~!
プレイして峰雄への好感度がぐんと上がりましたね!
最初、公式サイトで見ると「残念なおバカキャラかぁ…見た目割りと好きだけどどうかな~」なんて思ってたのですが、普通にかっこよかったです!
残念なお馬鹿キャラというのは変わらなかったんですが、予想していた雰囲気と少し違って、ぶっきらぼうな性格があったので個人的にはガッツポーズしました(๑•̀ㅂ•́)و✧

しかし峰雄の初々しさには、プレイしてるこっち側まで恥ずかしくなってきますね!
焦れったいし!もっとそこはさあ!と、色々言いたかったんですが、最後のほうではきっちり決めるとこ決めてくれててほんと、ギャップ萌えの塊じゃないか彼は…

ストーリーとしては、峰雄ルートのほうが弟の香月と関わる感じで私は嬉しかったです。
香月こういうキャラなのかーと。ぶっちゃけますと、物凄く好きなタイプでした。
あと一色くんいい子でしたね。瀬良くんも。サブキャラが多い多いと聞いてましたがまぁほんとにたくさんいますね。

峰雄もただのお馬鹿じゃないことはわかってたのですが、実際何があったのか知った時は、やっぱり闇が…ってなりますね。
大好きで憧れの尊敬していた先輩が、まさか自分のことを裏では妬み恨んでいただなんて知ったら…
しかもそのせいで先輩は誤認逮捕をしてしまい、挙句X-Day事件の被害者になってしまった。
そして現場に一番最初に駆けつけたのは峰雄で・・・ってどんだけ過酷な目に合わせるんだ!(´;ω;`)

契も峰雄も状況は違えど、同じような体験してるということは、これ攻略対象キャラみんな似たような体験してるってことなんでしょうか?
「裏切り」「失う」…辺りはキーワードなのかな?

峰雄ルートで深く関わることになるのが緒方さんでしたが、あの人もまた…
こう、なんていうか、カラマリのキャラは例え犯罪者であっても「お前が悪い」ときっぱり言いづらいキャラばかりなんですよね。
みんな過去に色々あって、アドニス側についてしまうのもわかるなぁという感じです…

緒方さんに限って言えば、この人は最初は本当に善意で助けたのに、それをたまたま見ていた峰雄の先輩が手柄が欲しくて罪を着せてしまった。
本当に当時は無実だったわけですから、恨まれておかしくないんですよね。
緒方さんには家庭もあったし、仕事もあった。
犯人とされてからは、全部失くして後ろ指さされながら生きてきたわけですからね…
だからといって、同情する余地はあれど、肯定しちゃダメなんですけどね。
今回もなかなか考えさせられるなぁと思いました。

話は変わりますが、峰雄の悲恋エンドはほんとに切なかったです。
どちらかが死ぬ、というものではなかったですが!!そこだけが救い…かなぁ…悲恋だから救われてないんですけど。

峰雄ってすごくベタなことで喜んじゃう感じ、可愛いですよね…
手料理で喜んじゃったり、プリンが美味しくて機嫌がよくなったり…
寝惚けてた峰雄にベッドに引きずり込まれるあのシーン、結構好きです(*˘︶˘*).。.:*♡
(ここだけ見るとホラーかのような文章ですが違います…)
見た目だけだと、すごくオレ様で気が強くて、って感じなのに、実際は初心でぶっきらぼうなお調子者ってかわいい・・・

ベッドに引きずり込まれたと言っても、ただ抱きまくら替わりにされただけなんですが、酔って記憶が朧気なせいで詫びに来た峰雄がまたかわいくて…
朝ご飯も食べずに突撃してきたせいで腹の虫が収まらず。
一緒に朝ご飯食べようと提案した主人公の言葉に「さすがに謝りに来たのにそれは」といって断ったんですが、お腹は正直なので…
カラマリ峰雄2
割りと序盤のほうでこんな微笑ましいやり取りがあるので、峰雄ルートはほのぼの味がちょっと多めですね。

↓その後、朝ご飯をご馳走になって…
カラマリ峰雄1
かわいい
なんでこんなにかわいいんだ峰雄…見た目と性格のギャップが凄いです…ほんとにKAWAII…

 

-----------------
以下、契ルート感想のときにもやった、ちょっとした考察です。
お暇な方はこちらもどうぞ☆

今回はほんとに少しだけです…峰雄ルートあんまり真相に近くないから考察難しいんだもの…

 

峰雄ルートで見れるちょっとしたエピソードに、主人公が警察官を目指すきっかけになったことがあります。
そこでは落し物の財布を届けた主人公と、その落とし主(おじいさん?)の会話が少しだけ見れるんですが、個人的にとてもこのエピソードが引っかかります。

主人公が警察官になったきっかけは別にいいんです。
問題はそこではなく落とし主のほうでして…感謝しすぎ、なんですよ私的に言わせると。
全てが怪しく見えるので疑い過ぎなのかもしれませんが、なーんか引っかかるんですよね。

もし、仮にこの時助けた相手が今の総理大臣だとしたら…?
総理大臣の息子がサブキャラに存在している以上、もしそうだとしたら主人公が選ばれた理由はこの些細なきっかけかもしれない。
…と、考え始めるとキリがなくてですね……
実際どうなのかわかりませんが、以前契ルートの後半で語った考察でも言った通り、主人公が狙われたのには理由があるはずなんです。
何もないとか、たまたまというのは流石にありえないでしょう。
理由は何か、と考えるとこういう些細な事がしっくりくるというか…

峰雄ルートではこれ以上何かわかるようなことはなく・・・
契ルートと合わせて考えても、上記を全て覆すようでアレなんですが、やっぱり同期の冴木くんが私の中で黒幕筆頭すぎてダメです(笑)
ただ、じゃあなんで冴木くんなのかと聞かれても「なんとなく」とか「勘」になってしまうんですよね今は…

しいて言えば、峰雄ルートだと途中からアドニス側と連絡が全く取れなくなります。
いつも監視しているはずなのに、どんなに呼びかけても応答がないということは「こちらを見張るほどの余裕がない」状況なんじゃないか、と各キャラも劇中で言ってます。
もし、これが「余裕がない」からではなく「応答したくてもできない状況にあった」としたら…

峰雄ルートでは、ストーリー後半で冴木くんがアドニス側の人間に撃たれ、意識不明の重体になります。
そう、もしアドニスのトップが冴木くんだとしたら、応えたくても応えられないんです。
なにせ生死を彷徨ってるわけですからね。
そう考えると、急にアドニスが見張っている感覚がなくなってもおかしくないんですよね。

ということから、今は私の中では冴木くん黒幕説を推していきたいところです。
今後どうなるかわかりませんが、もし当たってたら色々と褒めたい。自分を。(笑)

それでは、今回もここまでお付き合い頂いた方、いましたらありがとうございました!

文:さかた

登録タグ

side girls TOPページに戻る